top of page
後藤智子弁護士のインサイトページ

INSIGHT

インサイト

ABOUT

数字は正直、ただし、その説明には見せ方も大事

仕事柄、数字を扱うことが多いのですが、数字から事実関係が見えてくることは多々あります。


アメリカの訴訟ではディスカバリー制度があって、事実調査でかなり精度の高い数字の分析が可能になります。ところが、日本の訴訟ではそうはいかないのが悲しいところです。


大枠の数字がわかれば、その中身の細かい部分の議論を省略できることもあるります。ところが、その大枠が見えないと、枠外の数字で操作されてしまう、という、大変困った事態になりかねません。


言葉で説明するのも大切ですが、しばしば「等」で曖昧にされて、議論の大枠が見えないことがあります。裁判書面での「等」の使い方にルールを決めて欲しいくらいです。数字で説得する場合も、「見せ方」は重要であり、その際に「等」と同じような曖昧な表現で操作しないことが必要だと考えています。



最新記事

アメリカの家庭裁判所

NHKの朝ドラで、アメリカの家庭裁判所の話が出てきまして、私は、アメリカで勉強していた頃を懐かしく思い出しました。 アメリカでは、いわゆる家族法は、州法の領域になります。そこで、その家族法に関する事件は、連邦の裁判所ではなくて、州の裁判所が管轄することになります。 私が法律を学んだニューヨーク州では、離婚は、一般民事事件と同じ裁判所が扱いますがが、子どもや家族に関する様々な事案は、家庭裁判所が扱い

無料法律相談について

弁護士が多い地域にお住いの個人の方に向けて-という前提になりますが、弁護士に相談したいけれども弁護士には全く縁がないという方は、無料法律相談を利用して複数の弁護士から話を聞き、ご自分に合う弁護士を探されることをお勧めします。 何人かの弁護士と話をしてみると、弁護士にも色々な人がいることが分かります。弁護士選びのために1回5000円から1万円程を毎回支払うのは経済的に大変ということもあるでしょう。で

”逆輸入弁護士”

長年、日本で弁護士をされている方から、「逆輸入弁護士」と呼ばれまして、これをどう理解すればいいのやら。もし、私以外にも「逆輸入弁護士」と呼ばれたことのある方がいらしたら、是非、ご意見をうかがいたいです。 アメリカで貴重な経験を与えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、そして、アメリカと日本のそれぞれのロースクールで学んだ知識・経験を活かして、日本での弁護士業務にも真摯に取り組んでまいります。

ความคิดเห็น


bottom of page