top of page
後藤智子弁護士のインサイトページ

INSIGHT

インサイト

ABOUT

映画 - 「Worth」


誤解を恐れずに書くなら、「法律問題の解決は、結局のところお金である。」という趣旨のことを、聞いたことがあります。けれども、お金だけでは解決できないこともあるというのが、この映画です。


「ワ―ス 命の値段」は、2001年9月11日の被害者補償基金(September 11th Victim Compensation Fund) の特別管理人に就任した弁護士と被害者遺族とのやり取りを描いています。


2001年9月11日、私は、自宅から州図書館に向かう車の中でラジオをつけたところ、偶然にも、実況のニュースを聴くことになりました。図書館に到着すると、インフォメーションに人々が集まっていました。今でも、あの時のラジオの声と図書館の光景が忘れられません。


弁護士の仕事として、収入に基づいて金額を計算する場面が沢山あります。映画では特別管理人が算定式を決めていましたが、これは案件特有のものです。私が日本で扱う事件で金額を計算する場合、算定式は予め決まっています。このため、その式に入れる適切な数字を探し出し、また、修正の余地があるなら、修正要素も丁寧に検討します。

最新記事

数字は正直、ただし、その説明には見せ方も大事

仕事柄、数字を扱うことが多いのですが、数字から事実関係が見えてくることは多々あります。 アメリカの訴訟ではディスカバリー制度があって、事実調査でかなり精度の高い数字の分析が可能になります。ところが、日本の訴訟ではそうはいかないのが悲しいところです。 大枠の数字がわかれば、その中身の細かい部分の議論を省略できることもあるります。ところが、その大枠が見えないと、枠外の数字で操作されてしまう、という、大

アメリカの家庭裁判所

NHKの朝ドラで、アメリカの家庭裁判所の話が出てきまして、私は、アメリカで勉強していた頃を懐かしく思い出しました。 アメリカでは、いわゆる家族法は、州法の領域になります。そこで、その家族法に関する事件は、連邦の裁判所ではなくて、州の裁判所が管轄することになります。 私が法律を学んだニューヨーク州では、離婚は、一般民事事件と同じ裁判所が扱いますがが、子どもや家族に関する様々な事案は、家庭裁判所が扱い

無料法律相談について

弁護士が多い地域にお住いの個人の方に向けて-という前提になりますが、弁護士に相談したいけれども弁護士には全く縁がないという方は、無料法律相談を利用して複数の弁護士から話を聞き、ご自分に合う弁護士を探されることをお勧めします。 何人かの弁護士と話をしてみると、弁護士にも色々な人がいることが分かります。弁護士選びのために1回5000円から1万円程を毎回支払うのは経済的に大変ということもあるでしょう。で

Comments


bottom of page