top of page
後藤智子弁護士のインサイトページ

INSIGHT

インサイト

ABOUT

英文契約書の審査と自動翻訳

昨年、AI契約審査が弁護士法に違反するか、という話題がありました。報道によれば、法務省が2023年春にもガイドラインを出すようなことでしたので、そろそろ法務省から指針が発表されるかもしれません。当然のことながら、サービス内容や技術の進歩の程度によって、AI契約審査が非弁になるかどうかの評価は変わってくると思います。


これと似て非なる問題として、英文契約書を読むのに自動翻訳を利用していませんか。


自動翻訳の進歩には、目を見張るものがあります。最近では、文法が多少間違っていても、原文が意味不明でも、自動翻訳がきれいな日本語に翻訳してくれます。AIによる文法チェックの機能も進歩していますので、AIを利用すると、工夫次第では、英文契約書の審査の分野でも色々なことができるのかもしれません。


現在の翻訳技術のレベルでは、英文を読んでダブルチェック出来ない人が自動翻訳を使うだけでは、英文契約書の審査は必ずしも十分ではないと思うところです。勿論、定型の契約書であったりすると、細かいチェックは不要でしょうから、自動翻訳を利用して済ませるという判断もあると思います。


日本語を読むことができるとしても、日本語の契約書を理解できるか、審査できるかは別の話であるのと同様に、英語を読むことができれば英文契約書を理解できるか、審査できるかは別の話になります。AIのチカラを借りて英語を日本語に翻訳したとしても、英文契約書の内容を理解できるか、審査できるかは、更に別の話ではないかと思うところです。

最新記事

無料法律相談について

弁護士が多い地域にお住いの個人の方に向けて-という前提になりますが、弁護士に相談したいけれども弁護士には全く縁がないという方は、無料法律相談を利用して複数の弁護士から話を聞き、ご自分に合う弁護士を探されることをお勧めします。 何人かの弁護士と話をしてみると、弁護士にも色々な人がいることが分かります。弁護士選びのために1回5000円から1万円程を毎回支払うのは経済的に大変ということもあるでしょう。で

”逆輸入弁護士”

長年、日本で弁護士をされている方から、「逆輸入弁護士」と呼ばれまして、これをどう理解すればいいのやら。もし、私以外にも「逆輸入弁護士」と呼ばれたことのある方がいらしたら、是非、ご意見をうかがいたいです。 アメリカで貴重な経験を与えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、そして、アメリカと日本のそれぞれのロースクールで学んだ知識・経験を活かして、日本での弁護士業務にも真摯に取り組んでまいります。

Comments


bottom of page