top of page
後藤智子弁護士のインサイトページ

INSIGHT

インサイト

ABOUT

アメリカの家庭裁判所

NHKの朝ドラで、アメリカの家庭裁判所の話が出てきまして、私は、アメリカで勉強していた頃を懐かしく思い出しました。


アメリカでは、いわゆる家族法は、州法の領域になります。そこで、その家族法に関する事件は、連邦の裁判所ではなくて、州の裁判所が管轄することになります。


私が法律を学んだニューヨーク州では、離婚は、一般民事事件と同じ裁判所が扱いますがが、子どもや家族に関する様々な事案は、家庭裁判所が扱います。そして、ニューヨーク州では、各County(郡)に家庭裁判所が設置されています。


私は、アメリカのロースクール在学中に、Albany County Family Courtでインターンをしたことがありました。短い期間ではありましたが、強く印象に残った裁判所の一つです。


朝ドラで紹介されたような、女性が沢山働いていて、花が飾られていて、和やかな雰囲気の裁判所か、と言われると、私の記憶は随分違います。裁判所の中に制服を着た警察官がいたという、強烈な印象があります。少し話は異なりますが、私がアメリカで働いていた法律事務所には、養子縁組を得意としている弁護士がいました。養子縁組も家庭裁判所の管轄です。今思うと、私がアメリカで暮らしていたとき、日本人が滅多に見ることのない光景を見る貴重な機会が沢山ありました。


American Bar Association Family Law Section のメンバーです。日本でも、家事事件を扱っています。


長年、企業で契約や訴訟を扱ってきたのに、なぜ、家事事件かと聞かれることがあります。強いて言えば、数字を扱う作業に苦を感じないから、とでもいいましょうか、あるいは、会計知識を活かすことができるから、とでもいいましょうか。家庭裁判所でも、朝ドラで描かれたイメージにとどまらない様々な案件に出会うことがあります。



最新記事

数字は正直、ただし、その説明には見せ方も大事

仕事柄、数字を扱うことが多いのですが、数字から事実関係が見えてくることは多々あります。 アメリカの訴訟ではディスカバリー制度があって、事実調査でかなり精度の高い数字の分析が可能になります。ところが、日本の訴訟ではそうはいかないのが悲しいところです。 大枠の数字がわかれば、その中身の細かい部分の議論を省略できることもあるります。ところが、その大枠が見えないと、枠外の数字で操作されてしまう、という、大

無料法律相談について

弁護士が多い地域にお住いの個人の方に向けて-という前提になりますが、弁護士に相談したいけれども弁護士には全く縁がないという方は、無料法律相談を利用して複数の弁護士から話を聞き、ご自分に合う弁護士を探されることをお勧めします。 何人かの弁護士と話をしてみると、弁護士にも色々な人がいることが分かります。弁護士選びのために1回5000円から1万円程を毎回支払うのは経済的に大変ということもあるでしょう。で

”逆輸入弁護士”

長年、日本で弁護士をされている方から、「逆輸入弁護士」と呼ばれまして、これをどう理解すればいいのやら。もし、私以外にも「逆輸入弁護士」と呼ばれたことのある方がいらしたら、是非、ご意見をうかがいたいです。 アメリカで貴重な経験を与えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、そして、アメリカと日本のそれぞれのロースクールで学んだ知識・経験を活かして、日本での弁護士業務にも真摯に取り組んでまいります。

Comments


bottom of page