top of page
後藤智子弁護士のインサイトページ

INSIGHT

インサイト

ABOUT

Legal Research

私が学んだニューヨーク州のロースクールでは、Lawyering - 弁護士実務とでも訳すのでしょうか - という必修科目があり、その中で弁護士の実務に必要なリサーチの方法について学びました。


判例調査、法令調査、学術文献調査のいずれの場合でも、伝統的に構築されてきた調査のステップがあって、そのステップを丁寧に進んでいくことで、必要十分に調査を行い、求めている判例や法令や文献を見つけるという作業を学びました。いわゆるデータベースのキーワード検索とは、随分違います。


私がアメリカで法律を勉強した頃は、弁護士実務もアナログからデジタルに色々と変わっていく時代でした。ロースクールの授業では、伝統的なリサーチの手法を学びつつ、授業外でWestlawやLexisNexisの使い方を学ぶ機会もありました。


*****


最近ニューヨーク州で起きている話ですが、原告代理人がChatGPTを使用して判例調査を行い、その判例を引用した書面を裁判所に提出したというニュースがでています。


原告代理人が引用した判例を探したものの見つからないと被告代理人が指摘したところ、原告代理人が引用していた判例のいくつか(両手の指の数くらいはあるようです)は実在しないものだったとのことです。その原因が、なんと、原告代理人は、ChatGPTで判例を調査したからとのことでした。原告代理人は、ChatGPTが実在しない裁判例を生成するとは思いもよらなかったとのことのようです。


*****


弁護士の仕事は、そう簡単にはAIに取って代わられることはないと思います。けれども、将来がどのような世界になっているかは分かりません。自分にだからこそできる仕事を追求し続けたいものです。


なお、私が上記のニュースに触れたのは、先月のニューヨークタイムズの記事です。現在も係属中の事件であり、裁判官が原告代理人への制裁を検討しているようです。




最新記事

Justice Sandra Day O'Connor

サンドラ・デイ・オコナー元最高裁判事が亡くなったというニュースが入ってきました。昨日(アメリカ時間は12月1日)のニューヨークタイムズの記事です。 オコナー判事は、アメリカ合衆国最高裁判所で女性初の判事となった方です。私がアメリカのロースクールで学んでいた頃にも判事を務めていて、既にいくつもの有名な判決に関わっていました。 私は、ロースクールの憲法の授業でオコナー判事のことを初めて知りました。ロー

AI-invented patent? Thaler v Vidal

2022年8月5日、連邦巡回区控訴裁判所が、AIソフトウェアシステムを特許出願の発明者として記載することが可能かという問題を判断しました。結論は、発明者は自然人でなければならないという理由で、当該事案でAIのみを発明者として記載した特許出願は認められないという内容でした。 アメリカの特許法の条文解釈として、当然の結論と思われるところです。もっとも、AIの技術がどこまで進んでいるのだろうと興味をそそ

THE END OF LSAT?

昨年、アメリカから、近い将来にLSAT(The Law School Admission Test)が必須でなくなるという話題が飛び込んできました。ロイターのニュースによると、ABAの新ルールは、2025年秋に発効するとのことです。なお、日本の法科大学院適正試験は、既に実施されていないようです。 https://www.reuters.com/legal/legalindustry/aba-vot

Comments


bottom of page